四万十川の源流点に一番近い農園、リグルがお届けする野菜がどうして新鮮なのかについてご紹介しています。

リグルの強み

日本最後の清流、四万十川。その源流がある津野町で、一番源流点に近いところで作物を育てているリグルだからこそ、できる他にはないリグルの強みです。作物は「水」・「土」・「空気」の全てが良くなければ、美味しく育ちません。リグルの作物が美味しい理由をご覧ください。

水について

日本屈指の名水、四万十川の岩清水

日本屈指の名水、四万十川源流点の岩清水。リグルの取水地点より上には民家や田畑は勿論、車道すらも無いため、混じりっけ無しの「四万十川源流点の石清水」を豊富に使えるのです。水質の高さには自信があります。例えば、よくミネラルウォーターを購入される方。安全で美味しいお水が飲みたい、または健康に気を遣って購入されているのではないでしょうか。これは植物でも同じです。良質な水を使ってあげれば、必ず良質な野菜になります。だからこそ、リグルではこの上なく良質な四万十源流の天然水で栽培しているのです。

野菜のほとんどが水分

レタスは約96%、少ないもので焼き芋用のサツマイモが約58%。この数字は野菜に含まれている水分量です。全国的に見ても雨の多い津野町船戸の天然水は超軟水。東京の水道水が硬度40ppm程度と言われていますが、リグルの天然水は10ppm以下です。これにより、雑味のないその作物本来のクリアな風味を引き出すことができるのです。

水が違えば、味も変わる

リグルが位置する津野町船戸は日本有数の豪雨地帯。この豊富な雨水は四万十川源流点を有する不入山(いらずやま)にも降り注ぎます。ここには広大な原生林が広がり、この大自然でろ過された天然水は言うまでもなく至極の水です。植物を栽培する上で、この良質な水はその作物本来の味を引き出すための最も重要な要素なのです。

土について

潤沢に栄養を含んだ土壌

植物が成長するために必要な栄養素は、植えられた土から吸収しています。山野に緑深く生い茂る大木や雑草が、人の手が入ってないのに育つのは何故か。それは、自然には植物を健全に育てる力を持っているからです。リグルでは、その原理を作物の栽培に応用しています。促成栽培、大量生産をするために作られた畑では、その作物本来に必要な栄養素などが不足もしくは過剰にある状態です。これでは、作物の本当の味を引き出せません。リグルでは、化学肥料などを使わない・作物が旬の時期に十分美味しく育つために最適な量だけ育てるなど、土壌に関しても徹底的にこだわっています。作物づくりは土づくりと言われるように、基本を大事にしています。

リグルで使う津野町オリジナル培養土

地域に根差し最適な土壌づくりのためにリグルでは、津野町オリジナルの培養土を使用しています。この培養土は、伐採などで出てしまった津野町の木を主成分にして作られています。この高知県津野町で作られた純産の安全な培養土を使用してこそ、リグルの故郷の味を出すことができます。

作物それぞれに合った土づくり

人それぞれに味の好みがあるように、作物それぞれにも土の好みがあります。ジャガイモにはジャガイモの、トマトにはトマトの大好きな土の味があります。過度な堆肥などを土にやりすぎてしまう、同じ作物を同じ土地で連作するのは、人で例えるなら無闇なダイエットや筋肉づくりです。一つひとつの植物が好きな途上を理解し、自然本来の力を大事に土づくりを行うことこそが、美味しい作物づくりにとって重要なのです。リグルは、津野町の土や作ってる作物それぞれにあった土壌づくりをして、お客様の食卓に食材をお届けしています。

空気について

食物が吸う空気もキレイなものを

植物だって空気を吸います。同じ水・同じ土でも、都市部と中山間地域の作物では味が違ってくると思います。なぜなら作物が吸う空気が違うからです。四国山地の奥深く、大自然に囲まれたリグルの農場は、「空気がキレイ!」と断言できる環境です。また、リグルはボイラーなどの加温設備は一切せずに、周辺地域のことも考えた作物づくりを行っています。また、人に近い市街地であれば、作物の運搬コストなどの多くの諸経費をカットでき、その分、低価格で提供できます。しかし、リグルが中山間地域で農園を開いた理由の一つには、食物本来の美味しい味を届けるには、この津野町が優れた自然環境に恵まれているということがあります。

ページ上部へ